書籍詳細 一覧に戻る

アリル~午後のお茶は妖精の国で 番外編~

遠藤淑子 / 祥伝社

妖精の国の王女・アリルは、その繊細さゆえに世界のすべての悲しみを嘆き、泣いてばかりの毎日。いとこのヴィネドは、なんとかアリルに強くなってほしいんだけど…? 本編ではいじわる妖精だったヴィネドの幼少時代を描く表題作「アリル」のほか、ハルシュの人間時代(!)のお話「妖精の石」や、ルグの弟子のお話「魔法使いの内弟子」も同時収録! あのゆかいな彼らの、ちょっぴり切ないストーリー集。

タイトル アリル~午後のお茶は妖精の国で 番外編~
著者 遠藤淑子
レーベル GENSOU COLLECTION
出版社 祥伝社
発売日 2011/09/08
サイズ B6判
ジャンル 少女コミック ファンタジー
定価 630円
ISBN / 雑誌コード 978-4-396-79049-3

この本に興味がある人は、こんな本にも興味をもっています。

彼岸の石/あき

彼岸の石

あき

五芒星の咲く季節2/みささぎ楓李

五芒星の咲く季節2

みささぎ楓李


このページのTOPへ

SHUSUISHA 秋水社
(c)Shusuisha inc. All rights reserved.