書籍詳細 一覧に戻る

やられたがりな妹、ナカに出したり入れたり。

日浦亜紀 / 秋水社ORIGINAL

「せっかくオレが達也のかわりに、抱いてあげるっていってるのに」。よく家に遊びに来るミノルさんは、お兄ちゃんの友だちで優しくて格好良い人。ある日お兄ちゃんの部屋に入ると、ミノルさんが忘れた上着があって、その匂いを嗅いでいたらエッチな気分になって濡れちゃったの。誰も見てないのを確認して、彩乃は指で胸をいじったりナカに出したり入れたり…。「あ…ダメ…、イク…っ」こんないやらしいことをしてるってミノルさんに知られたら、嫌われちゃう? そんな時「彩乃ちゃん、なにしてるの?」え、ミノルさん!? ひとりHしてるとこ見られちゃった…? ドギマギしてると「ひとりでするのはさみしいだろう?」ってミノルさんに押し倒されて、敏感になってる乳首をこすられて…! あーあ、達也のベッド、彩乃ちゃんのやらしい液でベトベトだよ」ダメ…、ナカいじっちゃ…! ミノルさん、イッちゃうよぅ…っ!

タイトル やられたがりな妹、ナカに出したり入れたり。
著者 日浦亜紀
出版社 秋水社ORIGINAL
発売日 2018/08/16
ジャンル ティーンズラブ 恋愛・ロマンス
立ち読み

この本に興味がある人は、こんな本にも興味をもっています。


このページのTOPへ

SHUSUISHA 秋水社
(c)Shusuisha inc. All rights reserved.